SKY GATHERS

写真と言葉のノート

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

letter



遠い街に住むきみから届いた手紙に
距離を忘れたぐらい
今のぼくが見えているかのような言葉

これをきっと「つながり」と呼ぶのだろう
心の底がほわっとした
 | - | -

消えないもの



気持ちをどこかへ落としてしまっているときは
夢さえ消えかける
でもどんなときだって変わらずきみのなかにあるんだ
 | - | -

おめでとう



たどり着いて、そしてはじまる日。
ずっときらきら輝いていてね。
結婚おめでとう。
 | - | -



花のように鮮やかな日々を送ろう
 | - | -

目に見えないもの



失敗は「種」
きみ次第でやがて花が咲くんだ
 | - | -

「今」の先



幸せじゃないと思う日々だって永遠じゃないんだ
 | - | -

想い合い



あたたかい気持ちが届くのはきみもその人を想うから
 | - | -

心遣い



届いた贈り物の箱をあけると
きみの気持ちにふんわりと包まれた
 | - | -

気分転換



好きなことは日々やりきれないほどあるけれど
同時に時間を忘れるぐらい夢中になれるかどうかはまた違う
 | - | -

好きな場所



近所に欲しい隠れ家的場所。

++++++++++++++++++++++++++

出かけた先で「こんな場所が近所にあったらなぁ」なんて思う場所に
めぐり合うことがあります。
ふとしたときに足が向く場所。そんな自分だけの場所を持っていられたら素敵。

でも出かけた先と近所では心の反応度が違うから
この街に住まない誰かがここへ訪れて
どこかそんな場所を見つけているのかもしれません。
私にとってはいつもの風景。
それが「出かけた先」での風景になる人にとってはどんなふうに映るんだろう。
いろんな場所でいろんな時間と気持ちが動いてる。不思議です。




焼き上がったブレッチェン。
朝はごはん派の私ですが休日には時々パンにしたり。
何もつけないのが好みです。
 | comments(16) | -